全体の概要

全国的に人気の高かったダイハツチャレンジカップ(通称ダイチャレ)というものは、2008年12月を最後に姿を消してしまいました。
これがなくなってしまうのはもったいない、という声に答えて開催しているのが琉球大学自動車部(RAC)が継承し開催しているのがRACチャレンジカップです。従来のダイチャレでは、ダイハツ車以外NGでしたが、2009年大会からはダイハツ車以外の軽自動車でもエントリーできるオープンクラスが加わりさらに参加しやすいイベントになりました。つまり、運転免許と軽自動車を所有していれば誰でも参加できるのです。

大会ルール

ルールは簡単。参加クラスごとに全長623メートルのコースを4回走ってもらい、その合計タイムを競います。ジムカーナ形式のイベントですが、ジムカーナと大きく異なる点はタイムがベストタイム方式ではなく4本走行の合計タイム方式である事。1本でもミスコース、リタイアがあると順位が大きく落ちる点が特徴です。逆を言えば、誰でも上位を目指せることがポイントとなっております。そこがRACチャレンジカップの面白さであり、誰でも気持ちよく走れるような大会ルールにしております。参加者は走行時にヘルメット、長袖、長ズボン、シューズ、グローブの着用を義務づけております。参加クラスは計4つで、NAエンジンで争われるL2クラス・ターボエンジンでかっ飛ばすL2Tクラス、女性限定レディースクラス・ダイハツ車以外なんでもOKのオープンクラスがあります。また、ビートやカプチーノ、コペンのようなオープンカーは安全のため6点式以上のロールバー装備が必須になっております。

6月大会の内容

カーズを御愛読の皆様、今回この記事を書かせてもらうことになった琉球大学自動車部部長の小林と申します。どうぞよろしくお願いします。RACチャレンジカップは沖縄で唯一の軽自動車専門イベントで「軽自動車の運動会」をコンセプトに初参加の方でも常連の方でも誰でも気軽に楽しく参加できる大会を目指し、琉球大学自動車部全員が一丸となってがんばっています。

 今回の大会も定番となった伊計島にて6月12日に行われました。大会前には台風が直撃したりと天候には不安も多々ありましたが、観測史上最速で梅雨が明け、当日は雲一つない程の快晴で、まるで大会参加者の皆さんの熱い闘志が天候に反映されたかの様でした。

今大会、最初のクラスはRACカップに移行してから2009年より新設されたダイハツ車以外の軽自動車で競うOPENクラス。カプチーノやビート等々・・・各メーカーが入り混じるこのクラス、制したのは50秒ぎりで走りきったアルトワークス操る豊浜彬允選手。前大会からの2連覇となりましたが、2位の赤嶺大介選手や3位の長山修司選手の両選手も前回タイムを大幅に更新し後を追いかけます。10月大会ではどうなるのでしょうか。続いてダイハツ車ターボ限定のL2Tクラス。今回堂々の1位に輝いたのは、前回大会からの王者であるコペン操る長田紀元選手。相変わらずの快速の50秒ぎりで2位の仲宗根義正選手を振り切り4連覇を成し遂げました。このまま次大会も優勝してしまう勢いです。次はダイハツ車NA限定のL2クラス。前回大会3位の松田由也選手がタイムを更新し2位へ躍り出ましたが優勝まであと一歩とどかず・・・今大会、一番熱い戦いを繰り広げたこのクラスを制したのは前回に引き続き2連覇となったL700ミラを操る比嘉弘行選手。このまま首位を守りきれるのか、はたまた順位の入れ替わりが起こってしまうのか。次大会も目の離せない展開になってきています。最後は参加人数が少ないものの、この大会の「華」であるLクラス。このクラスを制したのは、女王として君臨している宮城理弥子選手。2位の宮城智夏選手に大きく差をつけ、他のクラスにひけをとらないタイムで今大会も優勝をさらっていってしまいました。この牙城をはたして崩す事が出来るのでしょうか・・・。楽しみな展開になってきました。
今回、OPENクラスでは、過去最多となる車種が参加し、OPENクラスらしい賑わいをみせており、今回初参加の安富祖選手は軽トラであるキャリーを豪快にドリフトさせ、見ているこちら側も楽しませてくれました。また、L2Tクラスで3位に入賞している鉢嶺選手が操るオプティはなんとAT車であり、AT車の入賞にはとても驚かされました。また、昼休憩には、OPENクラスにサンバーでエントリーしていた下吹越選手からひんやりおいしいそうめんの提供があるなどのサプライズもありました。

今回も皆様のご協力により怪我人を出すことなく無事大会を運営できたことをこの場を借りて御礼申し上げます。また、大会当日に行ったアンケートをもとに、もっと快適に、もっと皆様が楽しめ、満足できる大会を目指し、自動車部員一同で頑張っていきたいと思います。
この記事を読んで下さった軽自動車オーナーの皆様、自分の愛車でぜひ出てみませんか?初心者でもベテランの方でもOK。ATでも大丈夫です。1台で2人、3人のエントリーも可能です。いきなり参加するのはちょっと…という方もまずは見学からでも大丈夫です。わからない事があれば何でも質問して下さい。次回の大会は2011年10月9日を予定しておりますので、皆様の参加を琉球大学自動車部員一同お待ちしております

バックナンバーを購入し、この記事をしっかり紙面で読みた〜いって方へ